青梅市・あきる野市・羽村市の新築・中古不動産ならHouse Network(ハウスネットワーク)| 株式会社住宅情報館

青梅市・あきる野市・羽村市の新築・中古不動産ならHouse Network(ハウスネットワーク)| 株式会社住宅情報館

  • TEL:042-554-2882
  • 営業時間 10:00~18:00 定休日 年中無休
  • ご予約を頂けますと時間外でも喜んでご対応させて頂きます
menu
トップページ »  「国連難民サポーター」になりました。

「国連難民サポーター」になりました。

先日ですがイオンモール日の出に買物に行きました。住まいは羽村市ですが比較的近く、ご飯を食べたり映画も見たりします。そんな娯楽しか考えられない場所で国連UNHCR協会の方から声をかけられました。
UNHCRは、国連難民高等弁務官事務所の略称で1950年に設立された国連の難民支援機関です。世界にどれだけの難民がいるか問われても平和ボケしている私には「え!何の話し?」と言うか身近に考えた事も無く、正直今はコロナ禍で健康被害だけでなく経済にも深刻な打撃がもたらされているので、自分の健康と仕事が心配だな~と思う位でした。しかし緒方貞子さんのお名前を出された時に、著書で「満州事変・政策の形成過程」 (岩波現代文庫)を読んだ事がありました。(*あらすじは1931年9月18日、柳条湖の鉄道爆破をきっかけに勃発した満州事変。事件はいかにして引き起こされ、なぜ連盟脱退にまで至ったのか。関東軍・陸軍中央部・政府指導者などの諸勢力間でどのような力学が働き外交政策を変容させていったのか。戦争への道を突き進んだ日本の歩み)ですが、私の叔父が太平洋戦争で戦死したので、その時代を知りたかったのが動機でした。グアム島のさらに南洋で戦死したとの事で2013年にグアム島に観光に行った時はヒストリカルツアーで戦跡をめぐり、大きな人の字の形をした慰霊塔に叔父の遺影を飾り、お線香やお水を手向けました。また2017年にハワイに観光に行った時は、真珠湾攻撃を引き金に太平洋戦争が開戦されたパールハーバーにある「戦艦ミズリー記念館」と「アリゾナ記念館」で戦死者が刻まれた石碑に、叔父を思いつつ手を合わせました。ここから始まったんだなと感慨深いものがありました。
 そして緒方貞子さんが日本人で初めての国連難民高等弁務官として、1991年から2000年まで10年間の任期を務め、NHKの特集等でもその功績を紹介されたのは私の記憶にありました。2019年10月に92歳で亡くなられたとの事です。今更ですが私も少しでも人の役に立ちたいと感じた良いきっかけでもあり「国連難民サポーター」になりました。
私は毎月3,000円と少額ですがクレジットカードから引かれて寄付をする形です。大きな事をしようと躊躇するよりは、少しでも始めようと言う気持ちで良いのかなと思いました。
弊社のホームページの一番下に国連UNHCR協会のバナーを頂き設置致しましたのでご興味のある方はご覧下さい。
専務取締役 峯岸でした(^-^)/

上記の写真画像等の詳細は9月12日のFacebookをご覧ください!!