青梅市・あきる野市・羽村市の新築・中古不動産ならHouse Network(ハウスネットワーク)| 株式会社住宅情報館

青梅市・あきる野市・羽村市の新築・中古不動産ならHouse Network(ハウスネットワーク)| 株式会社住宅情報館

  • TEL:042-554-2882
  • 営業時間 10:00~18:00 定休日 年中無休
  • ご予約を頂けますと時間外でも喜んでご対応させて頂きます
menu
トップページ »  「夢持ち続け日々精進」

「夢持ち続け日々精進」

9月12日に東京国際フォーラムで記念式典と記念講演会がありました。弊社が加盟している公益社団法人不動産協会東京本部がこのたび創立70周年を迎え、また公益社団法人不動産保証協会東京本部は創立50周年を迎えることとなりました。宅建業法の改正で大きな点は不動産取引における書面の電子化です。やはりコロナ感染が大きく影響しておりますが、インターネットが当たり前のインフラになったことでデジタル化が進んでおります。下記今までの宅地建物取引業法における書面交付義務の制度です。①売買契約等に係る重要事項説明書は宅地建物の売買契約等の締結前に、宅地建物取引士が重要事項説明書に記名押印の上、契約当事者に対して交付して説明しなければなません。②売買契約等における契約締結時の書面は宅地建物の売買契約等の締結時に、宅地建物取引士が記名押印した契約条件等を記載した書面を、契約当事者に交付しなければなりません。しかしデジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律による宅地建物取引業の改正において、押印の廃止・書面の交付について相手方の承諾を得た上で、電磁的方法で行うことができるようになりました。

記念講演会では「夢持ち続け日々精進」と言う題名で株式会社ジャパネットたかたの創業者である髙田 明氏によるお話がありました。何才になっても新しい事を始める事に、遅いと言う事はない。学歴は一つの物差しで仕事に対しては、やる気持ちが大事である。人生は60‐70‐80才になっても考える事を止めないで挑戦し続ける事。など心に響くお話でした。弊社も感謝状を頂き、更に夢持ち続け日々精進してまいりたいと思います。