あきる野市の不動産をはじめ、羽村市や青梅市の不動産情報は住宅情報net

あきる野市の不動産をはじめ、羽村市や青梅市の不動産情報は住宅情報net

menu
トップページ »  ハワイの自然を十分満喫する事が出来ました

ハワイの自然を十分満喫する事が出来ました

今年も妻と娘と3人で9月28日(金)から5泊7日で、ハワイに少し遅い夏休みで行ってきました。
ハワイ島にも行って見たいな~と思っていましたが、キラウエア火山の噴火もあって見合わせました。
1日目は到着してからオプショナルツアーを申し込んでいるジャパンツアーにお支払いに行き、ワイキキショッピングプラザでグローバルWiFiを借りて、マノアの滝に行こうと空港から着替えを持って行ったのですが、到着する何日か前に地滑りになり立ち入り禁止になっているとの事。無理に入山したグループが、罰金(50?500ドル)が科されるとの情報でした。結局着替えが入ったリュックを背負いながら妻も娘も「ちょっとあれ見ていい?ここも見ていい?」とショッピングをする事になり、ワイキキショッピングプラザ1階のハワイアンジュエリーMaxi(マキシ)で娘はゴールドに貝が入ったハートのトップとネックレスを、妻は色違いのホワイトゴールドのハートのトップのみを購入しましたが、衝動買いで支払いは私で、滝に行けず高い物に・・。日本でシューズも虫よけシールも買って楽しみに準備していたのに予定がくるいました。
そうこうしている間にチェックインの時間になり、シャワーでさっぱりし着替えてハッピーアワーの時間帯で「ウルフギャング・ステーキハウス」に行きました。グラスワインとTASTE OF NEW YORK(ニューヨークサーロイン12オンス・マッシュポテトとクリームほうれん草とチーズケーキ)を3人分注文しましたが、やはり少し多かったです。チップ込みで200ドルちょっとで、ディナーでしたらもっと高いのですが、正直そんなに美味しいと思いませんでした。有名店で口コミも良く書かれてますが、ハワイに来たと言う雰囲気とお値段からそう感じてしまうのではないでしょうか?私の会社がお客様にご成約のお祝いとして「ステーキ土肥亭」のお食事券をプレゼントしておりますが、お値段は同じ位でサービス料も加算されますが土肥亭の方が美味しいと感じました。
夜はヒルトンハワイアンビレッジ方向へぶらぶらとワイキキビーチ沿いを散歩しました。ワインも効いてビーチの公園の芝生で少し寝てしまいましたが、金曜の夜のヒルトンの花火をビーチから見ました。人があふれハワイの夜の風物詩の一つです。
帰りに免税店前のABCストアーの隣にある「Nalu(波)」のタケシさんにお会いしました。知合いのお嬢さんご夫婦が経営しているお店で、日本を出発する前夜に「行くからね~!」と連絡して頂きました。
私がしている白いブレスレットやTシャツや絵を購入しましたら、私が持っているバッグをお土産にって色違いで何枚も頂きかえって申し訳なかったです。
2日目はココヘッドに登る為に少し早起きして、ハイキングの格好でバス停のあるロイヤルハワイアンセンターに向かいましたが、カラカウア通りの様子がおかしいと思ったら、1年に1度のハワイフェスティバルがこれから始まろうとしてました。去年もハウツリーラナイで朝食をして帰る途中に偶然見ましたが、今年も同じタイミングだった訳です。バス停には午後1時まではバスが来ないとの事、今日も朝から予定がくるいました。
結局ロイヤルハワイアンセンター前のCOCO COVE(ココ・コーブ)でポケ丼を買いました。ここはお安くて美味しい何種類かの味付けのPOKE「ポケ」があります。インターナショナルマーケットプレイスの休憩場所で食べた後、いよいよフェスティバルが始まりました。高校生や大学生達が参加しパレードを行います。その後娘がサーフィンをしたいとの事で、ホテルで水着に着替えてからワイキキビーチに行きました。2時間20ドルのロングボードを2本借りましたが、どうだったかは皆さんのご想像通りです。それだけで日に焼けて黒くなりました。
夜はワイキキ・ビーチ・コマーホテル2階の「マジック・オブ・ポリネシア」と言うイリュージョンと、ハワイならではのファイヤーダンスやフラダンスを一度に楽しめる人気ショーを見ました。メインのジョンヒロカワ氏が特に英語のわからない韓国人・日本人をいじりながら、笑いをとったマジックショーですが、こちらにあたらない様にドキドキしてました。あっという間に時間が過ぎ楽しかったですが、英語が話せるようになりたい!と思いました。
3日目は昨日行けなかったハワイのトレッキングの中でも、特にキツイというココヘッド・トレイルに行きました。ハナウマ湾まで行き、反対側の標高368m、1048段の枕木のある線路で、ひたすら頂上へ続く一本道を登る訳です。登山口前には射撃訓練場(ココヘッド・ガン・クラブ)が有り、パンパン銃声が聞こえ間違ってこちらに飛んでこないかビクビクしました。何度となく休み水を飲み登りきりました。第二次世界大戦時には通信基地だったらしいですが、遮る物無く360度パノラマビューです。海に山に街と、ハワイらしい素晴らしい景観で、風が強く吹いて、汗が引いて、最高に気持ち良かったです。
その日の夕方は16時15分に迎えが来て「スター・オブ・ホノルル」号でのディナークルーズを楽しみました。
歌やダンスや食事も良かったのですが、船から見るワイキキのホテル群やダイヤモンドヘッドの夕暮れ時の景色や、水平線に沈んでいくサンセット、夜景の街明かりが大変綺麗でした。
4日目は11時に迎えがきて、オアフ島の北東に位置するサンゴ礁が広がるカネオヘ湾へ、カヤック&シュノーケリングに行きました。1時間位で到着しランチを食べてからレクチャーして頂きいよいよ出発です。
湾内は珊瑚礁によって外海から守られ、とても穏やかに澄んだ海水で満たされています。
日本人ガイドのトモさん・私・娘と妻・女子2人組の計4隻でカヤックに乗りサンゴ礁があるエリアまで漕いで行きます。カヤックはとても簡単でした。ところが娘と妻は真っ直ぐ進まずおいおいと言う感じ。
カヤックを停泊し、サンゴ礁の上には絶対立ったりして傷つけないでと言われシュノーケリングを始めたのですが、妻は「あ~むりむりー息が出来ないー過呼吸になるー!」と訳の分からない事を言ってもののわずか1分でシュノーケルをはずし、カヤックの所でずっ~と40分位浮いてました(大笑)。その間私達はエメラルドグリーンの海の魚たちを追いかけました。全米最長最大の珊瑚礁とハワイ州で唯一のサンドバーを持つカネオヘ湾は、世界中の研究機関から非常に重要な場所として認識され、ハワイ州で大切に保護されています。
夜はTVの「有吉の夏休み2018 密着120時間inハワイ」で紹介された「ファイヤーグリル・ワイキキ」に食事に行きました。スパークリングワイン等の飲み物と「薫製メニュー」のプライムリブステーキ!1ポンド(約450グラム)とパスタとシュリンプのサラダとデザートを頂きました。全て美味しかったですが、もう肉はいいかな~と思いました。やはり日本人ですね、味噌汁とさっぱりした食べ物が恋しくなりました。
5日目はオアフ島の東、マカプウ岬のトレイルに行きました。イルカショー等が楽しめるハワイ最大のマリンパークの「シーライフ・パーク・ハワイ」までバスで行きます。ラビットアイランドが目の前に見えます。そこからマカプウ・トレイルの入り口まで歩き、マカプウ岬の灯台や展望台を目指す訳です。
娘と妻がバテテしまい頂上まで行けませんでしたが、途中の見晴台からどこまでも続く青い空と海を見て風にあたりました。ハワイには火の女神であるペレがハワイの島々を作ったという神話が残っています。火の女神ペレがオアフ島を作った後に(別の解釈ではハワイの島々を旅をしている最中に)座って休憩したと言われているのが「ペレの椅子」でマカプウ岬の手前にそびえる8m近い高さの奇妙な形をした溶岩です。実はマカプウトレイルの前にこちらに立ち寄ったのでバテテしまった訳です。
ここはとても強くて澄んだエネルギーが流れていて、浄化に最適な場所と言われ、また、仕事運、金運に効果的と言われています。「ペレの椅子」に触り浄化された感じがしました!
今回はハワイの自然を十分満喫する事が出来ました。マノアの滝に行けなかった事が残念ですが、それはまた次回にとっておきます!
専務取締役 峯岸でした(^-^)/

上記の写真画像等の詳細は10月28日のFacebookをご覧ください!!